ナチュラルアンチエイジング

こんにちは、ハルカです


2015年からナチュラルクラフトソープを中心に更新してきました。

2018年夏、約3年半が過ぎ、20代から30代へ、年齢が上がるにつれて、化粧品はもちろん良い食べ物、運動やマッサージを取り入れて健康で綺麗でいたいと感じるようになってきました。

ナチュラルにアンチエイジングをしていきたい。


harukalaboのポリシーでもある、


自然にやさしいものは人にも優しく、心地よい
環境への負荷の少ない、自然に優しいものづくり


これに沿って、コスメの選択や食べ物のこと、運動についても、これから少しずつ学び、試しながらブログでシェアしていけたらと思っています。

もちろん、これからも石けん作りは続けます。

よろしくお願いします。


※ハルカの思う、ナチュラルに、とは…

添加物や化学物質をできるだけ避ける

オーガニックのものを選択するようにする


2018年夏 吉日

2015-02-06

せっけんの香り

”せっけんの香り”って、どんなイメージでしょうか?
人それぞれ・・・とも思いますが
私のイメージでは、せっけんの香りのキャンドルとか、
うしさんマークのせっけんの香りを一般的に
”せっけんの香り”と言うのかなぁと思います。


わたしも、”せっけんの香り”は好きだし、せっけんは普通に自然と”その香り”だよね。
・・・って、特に何も考えるまでもないくらい、なじんだ香り。


でも、実は。


香り付けをしない、オイルと水と水酸化ナトリウムだけで作ったせっけんは・・・

ほとんど香りはありません。


どんな香りなのか説明できないけど、
泡立てたときに、ほんのり広がる、やわらかーい香り。
”せっけんの香り”からは遠いと思います。


市販品のように香料を使えば、シッカリ香りをつけることもできます。
上記のような”せっけんの香り”から、チョコレートの香り、
バラの香り、イチゴの香りなどさまざまに存在して売られています。
香りって五感のひとつだし、せっけんを選ぶ上でも
大きなポイントなのかなと思います。


私の場合は、いろいろせっけんを作ってきたけど、
ベーシックに落ち着くというか。
素材だけの香りが一番好き。


天然のものでも、ハーブは薬草的にも使われてたり、
エッセンシャルオイルも植物の成分をぎゅーっと抽出したものなので
薬品よりはとってもマイルドだとは思われるけど、
体質によっては刺激になることもあって。


とはいえ、香りの配合も楽しいんですよね。笑
私のせっけんは、合成香料は一切使わず、
天然のエッセンシャルオイルのみ使用しています。
せっけんに入れ込んだ香りは、
泡立てたときにふわーっと優しく広がってリラックス。
あまりきつい香りにならないようにしています。





SMILE